top-photo
HOME
space
menu1
menu2
menu3
menu4
menu6
menu6
menu5
space
最新ニュース
定期健診
特定健診
人間ドック
生活習慣病予防健診
産業医について
 
産業医とは

産業医とは、労働者の健康保持・増進に努め、健康で快適な仕事が行えるように指導や助言を行う医師のことです。
健康のプロフェッショナルとして健康管理に必要な高度の医学知識を持った医師でなけらば、産業医に認定されません。また、健康と労働の両立を図る職務を有しています。
各事業所の従業員が常時50人以上を超える事業所では、産業医の設置が義務付けられています。

小規模事業場産業保健活動支援促進助成金
各事業所の従業員が常時50人未満の労働者が働く事業所であっても産業医を雇い入れることができ、助成金の給付が受けられます。
詳しいお話は直接お問い合わせいただくか、独立行政法人 労働者健康福祉機構のホームページをご覧下さい。

産業医の職務

法で定められている職務及び職務推進に必要な要素。

産業医の職務

作業環境管理
有害化学物質、粉塵、騒音など職場における有害環境衛生や、温度・証明などの一般環境衛生に対しての、測定及び評価、結果に基づく対策の助言、指導。

作業管理
作業環境管理を行った上で、それら有害物質などから労働者を守るマスクや耳栓などの保護具の選定や、パソコンの位置といった作業環境の管理。

健康管理
労働者の健康診断や健康相談を行い、必要に応じて就業上の配慮につき事業者に勧告。また、職場における感染症の予防、救急処置などを行う。

労働衛生教育
有害作業による人体へ及ぼす影響の教育や、一般的な健康保持増進の教育。

総括管理
職場の労働衛生管理体制の整備、管理計画の策定。また、職場の巡視、衛生診断とその対策、関係にする情報の収拾、行政への対応や外部諸機関との連携。

人間ドック

奥田クリニックの産業医は、各事業所の労働者へ、健康診断に基づき健康指導・相談を行い、快適で安全な作業環境のもとで効率よく働けるよう職場指導、助言を行います。また、労働者の職場復帰や配置転換などに対する健康面での指導、助言を行います。
企業で働く労働者の健康維持は、個人だけの問題ではなく、企業側としても大切な財産であると言えます。皆様の健康をわたしたち奥田クリニックにお任せいただき、毎日を健康で快適な生活をお送りいただきたいと心から願っております。

お問い合わせはこちら
spacer
under-bar
under-bar