top-photo
HOME
space
menu1
menu2
menu3
menu4
menu6
menu6
menu5
space
最新ニュース
定期健診
特定健診
人間ドック
生活習慣病予防健診
生活習慣病予防健診のご案内
■
生活習慣病予防健診とは?

皆様が加入する全国健康保険協会では、保険事業の一環としてご自身の健康増進と健康管理意識を高めていただくために、生活習慣病予防健診と特定保健指導・健診後の保健相談を実施しています。

事業所(職場)を通じてお申し込みいただくと、国の一部費用負担により、少ない費用で受診出来ます。

全ての予約を女性だけにした、レディースデイを設けました。医師・看護師・放射線技師・医療スタッフなどすべてのスタッフも女性です。日時に関してはお問い合わせ下さい。

お申し込みの流れ
流れ:予約→申し込みに記入→申込書の郵送→健診の実施
STEP1 生活習慣病予防健診の予約
受診したい日をご予約ください。
STEP2 申込書の記入・郵送

【生活習慣病予防検診申込書】に必要事項を記入します。申込書は、「全国健康 保険協会 愛知支部」あてにご郵送ください。
STEP3 健診の実施
お申し込みはお早めに!
健診の詳細
35歳以上75歳未満の方が受診できます。
なお、40歳〜74歳までの方は、生活習慣病予防健診を受診すると、特定健康診査を受診したことになり、メタボリックシンドローム予備群と判定された方は、特定保健指導を受けることができます。
健診の種類 費用負担額 受けられる方
一般健診 健診費用総額の38% @40歳以上75歳未満の被保険者の方
A35〜39歳で生活習慣の改善指導を受けることを希望する被保険者の方
眼底検査 ※10% 医師から追加検査が必要といわれた場合
付加健診 50% 一般健診を受診する方で
@40歳の被保険者の方
A50歳の被保険者の方
乳がん・子宮
がん検診
30% 一般健診を受診する
40〜74歳の偶数年齢の女性の被保険者で受診を希望する方
子宮がん検診 30% 20〜38歳の偶数年齢の女性の被保険者で受診を希望する方
肝炎ウイルス
検査
30% @一般健診を受診する方
A一般健診においてGPT値が36以上であった方
※一般検診の費用と一緒に支払います。

○一般健診

【主な検査項目】
問診、触診、身体測定、視力・聴力測定、血圧測定、尿検査、便潜血反応検査、血液一般検査、血糖検査、尿酸検査、血液脂質検査、肝機能検査、胸部レントゲン検査、胃部レントゲン検査、心電図検査など

【受けられる方】
40歳以上75歳未満の被保険者の方(※75歳の誕生日前まで受診可能)
35歳〜39歳で生活習慣の改善指導を希望する被保険者の方

【本人の費用負担額】
健診費用 6,843円(費用総額の38%)

○付加健診

【主な検査項目】
尿沈渣顕微鏡検査、血液学的検査(血小板数、抹消血液像)、生化学的検査(総蛋白、アルブミン、総ビリルビン、アミラーゼ、LDH)、眼底検査、肺機能検査、腹部超音波検査

【受けられる方】
一般健診を受診する40歳の被保険者の方(S45.4.2〜S46.4.1に生まれた方)
一般健診を受診する50歳の被保険者の方(S35.4.2〜S36.4.1に生まれた方)

【本人の費用負担額】
健診費用 4,583円(費用総額の50%)

○乳がん・子宮がん検診

【主な検査項目】
乳がん検診:問診、触診、視診、乳房X線検査
子宮がん検診:問診、細胞診

【受けられる方】
一般健診を受診する40歳〜74歳の偶数年齢の女性の被保険者で受診を希望する方
※40〜48歳の方と50歳以上の方で費用負担額が異なります

【本人の費用負担額】
健診費用 4,583円(費用総額の30%)

○子宮がん検診  ※単独受診も可能です。

【主な検査項目】
問診、細胞診

【受けられる方】
20歳〜38歳の偶数年齢の女性の被保険者で受診を希望する方
※36歳38歳の方で、一般健診を受ける方は、一般健診と併せて受診可能

【本人の費用負担額】
健診費用 630円(費用総額の30%)

○肝炎ウイルス検査  ※本人が直接お申し込みください。

【主な検査項目】
HCV抗体検査、HBs抗原検査

【受けられる方】
一般健診を受診する方
一般検診においてGPT値が36以上だった方
※ただし、過去にC型肝炎ウイルス検査を受けたことがある方を除く

【本人の費用負担額】
健診費用 595円(費用総額の30%)

spacer
under-bar
under-bar