top-photo
HOME
space
menu1
menu2
menu3
menu4
menu6
menu6
menu5
space
最新ニュース
定期健診
特定健診
人間ドック
生活習慣病予防健診
基本情報
 
健診

定期健康診断
定期健康診断とは、法律により企業に義務づけられている健康診断です。
一年に一度必ず実施される「定期健康診断」と労働者を雇用するときに実施する「雇入れ時の健康診断」の二種類が一般的です。
健診内容には以下の項目があります。

レディースデイ
健康診断、人間ドックなど、すべての予約を女性だけにし、子宮がん検査・乳房エコー検査をご用意しております。医師・看護師・放射線技師・医療スタッフなどすべてのスタッフが女性です。
(男性の方は、予約ができません)

定期健康診断 雇入れ時の健康診断
○診察(問診)
○身体計測(身長、体重、腹囲)
○視力  ○聴力(オージオ)  ○血圧
○尿検査(糖、蛋白)  ○胸部X線検査(デジタル) 

○血液検査

貧血検査(赤血球、血色素量)
肝機能検査(GOT、GPT、r−GTP)
血中脂質検査(血清トリグリセライド、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
血糖検査(血糖)

○心電図検査

名古屋市から委託された検診(名古屋市在住の方)
○胃がん検診(40歳以上)
○大腸がん検診(40歳以上)
○肺がん検診(40歳以上)
○前立腺がん検診(50歳以上)
○乳がん検診(40歳以上)
○骨粗しょう症検診(40、45、55、60、65、70歳以上)
○C型、B型肝炎ウィルス検査・・・自己負担金はございません。
  (過去に検査を受けたことがな方で、特に下記対象者)
<特に肺炎ウイルス検査を受けていただきたい方>

1)平成6年以前に、フィブリノゲン製剤の投与を受けた可能性のある方
@妊娠中又は出産時に大量の出血があった
A大量に出血するような手術を受けた
B食道静脈瘤の破裂、消化器系疾患、外傷等により大量の出血があった
Cがん、白血病、肝疾患などの病気で「血が止まりにくい」と指摘を受けた
D特殊な腎結石・胆石除去法、気胸での胸膜接着、腱・骨切片などの接着、血が止まりにくい部分の止血などの治療を受けた

2)血液凝固因子製剤の投与を受けた可能性のある方
@新生児出血症(新生児メレナ、ビタミンK欠乏症等)の病気で「血が止まりにくい」との指摘を受けた
A肝硬変や劇症肝炎で入院し、出血が著しかった
B食道静脈瘤の破裂、消化器系疾患により大量の出血があった
C大量に出血するような手術を受けた(出産時の大量出血も含む)

3)その他、次の事項に該当する方
@平成4年以前に輸血を受けた方
A大きな手術を受けた方
B長期に血液透析を受けている方
C臓器移植を受けた方
D薬物濫用者、入れ墨をしている方
Eボディピアスを施している方
Fその他(健康診断等で肝機能検査の異常を指摘されているにもかかわらず、その後肝炎の検査を実施していない方など)
spacer
under-bar
under-bar