top-photo
HOME
space
menu1
menu2
menu3
menu4
menu6
menu6
menu5
space
最新ニュース
定期健診
特定健診
人間ドック
生活習慣病予防健診
特定健診について
■
特定健診(特定健康診査)とは?

特定健診(特定健康診査)とは、厚生労働省により平成20年4月から医療保険者に実施が義務付けられた、40歳から74歳までの方が対象となる、「内臓脂肪型肥満」に着目した健康診査です。
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の発見を重視して、保健指導に結びつけていき、生活習慣病を予防することが目的です。

○メタボリックシンドローム

イメージ 生活習慣病の主なものに高血圧症、高脂血症、糖尿病などが知られていますが、これらの共通の原因となるのが、内臓の周りに脂肪がついた内臓脂肪肥満といわれる状態。内臓脂肪が蓄積すると動脈硬化の危険度が上がり、心筋梗塞や脳梗塞にかかりやすくなります。 このように、内臓脂肪肥満を背景にして、複数の生活習慣病が合併している状態をメタボリックシンドロームといいます。
しかし、最近では健康診査などを受診し、健診結果に基づき生活習慣を改善することにより、メタボリックシンドロームを予防・改善できることがわかってきています。

特定健診

○診察(問診)
○身体計測(身長、体重、腹囲)
○血圧
○尿検査(糖、蛋白)
○血液検査

・肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)
・血中脂質検査(血清トリグリセライド、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
・糖尿病検査(血糖、ヘモグロビンA1c)

特定健診の対象となる人
40歳以上74歳未満の被保険者・被扶養者に対するメタボリックシンドロームに着目した健診・保健指導の実施が医療保険者に義務化されております。
健診データは、医療保険者が変わっても、引き継いで管理できます。
健診結果に応じて保健指導が行われます。
健診センターにご予約ください。
TEL:052-387-8166
メタボリックシンドロームの判定
健康診断でのメタボリックシンドロームの判断基準は下記のようになっております。当てはまる項目によって保健指導の3タイプのどれかが決まります。
診断によるご意見、ご質問等詳細は当院担当者までご連絡下さい。詳しいお話をさせて頂きます。
特定検診における診断基準
内蔵脂肪型
肥満
胸囲
男性:85cm 以上
女性:90cm 以上
内蔵脂肪面積男女とも100平方cm以上に相当
+ 上記に加え、以下のうち2項目以上が該当
(1項目が該当の場合は予備群)
高血糖 空腹時血糖 100mg/dl 以上
または
HbA1c 5,2% 以上
糖質異常症 中性脂肪  100mg/dl 以上
または
HDLコレステロール 40mg/dl 未満
高血圧 収縮時血圧  130mmHg 以上
または
拡張期血圧 85mmHg 以上
メタボリックシンドローム
spacer
under-bar
under-bar